スポンサードリンク

2007年06月10日

はじめまして

 先日、デパートへ買い物へ行った時に、着物屋で「浴衣市」というイベントをやっていました。いつもなら素通りしてしまうのですが、この日はたまたま妻が向かいの店に用事があったので、入り口のところでぼーっとして待っていました。その時「浴衣」という字が目に飛び込んできて、そう言えば、子どものころはよく着たなぁと思い出にふけっていました。私が子どものころに母親が夏になると浴衣を縫ってくれて、それを風呂上りに着て寝ていました。妙に懐かしくなり、気づくとその店に入って浴衣を見ていました。
 私の住んでいるところは田舎なので、子どものころは、夏になると浴衣を着ている人をよく見かけました。
が、最近は、夏祭りや花火大会、盆踊りなどの時には女性が浴衣を着ているのを見かけるだけで、普段、浴衣ゆかた)を着る人をほとんど見かけなくなりました。旅館などで置いてあるところは多いと思いますが、家で着ているという人はかなり減ったのではないでしょうか?
 私自身も子どものころは、浴衣を寝巻きとして使っていましたが、今では着なくなっています。でも、浴衣を着たときのあの独特のゆったり感とおちつき(と感じるのは私だけかもしれませんが...)をもう一度味わいたいたくて、買いたいと思いました。ですが、妻は、一時的なものですぐ着なくなると思って反対しているので、自分なりに浴衣についてもう少し調べて、妻を説得するだけの材料を揃えて、もう一度「本当に買いたいんだ!」ということを言うために、このブログを書くことにしました。
posted by yukara at 21:14 | はじめまして

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。